QRコードを使って
現場の入退場者記録を
スマホで管理!

top_image.png
まずはお気軽にご相談ください。
 

​その日の入場者数がすぐにわかるサービスです。

SHO-CASEとは、QRコードをスキャンするだけ

point1.png

その日の入場者数が
すぐにわかる

現場の出面がその場で確認可能。
朝礼時に確認しながら使える。

point2.png

QRコードを
スキャンするだけ

スマホのQRスキャンもしくは

カメラでQRコードをスキャン

するだけのシンプルな操作方法。

point3.png

リアルタイムな
情報共有

現場にいなくても現場の状況が

確認でき、社内にいる上司との

連携にも使える。

Point
01

Point
03

Point
02

導入のメリット

名称未設定 1.png

クラウドでデータ管理

merit1.png

いつ、だれが、どの現場に入場したのかがわかる。現場監督だけでなく、職人自身の仕事の管理にも活用可能。

名称未設定 1.png

簡単でわかりやすい操作性

merit2.jpg

スマートフォンによる、高齢の方でもわかりやすい操作方法。

名称未設定 1.png

​コロナ対策として活用可能

merit3.png

入場操作時に体温の入力が可能。体温計がある場合は、任意でテキストに入力し、データ管理が可能。

導入事例

 
 

Q パソコンでも使えますか?


はい。PCとスマートフォンどちらでも操作可能です。ガラケーのみ非対応ですが、現場ではスマホを所持 している方の端末から、メールアドレスとパスワードさえ覚えていれば運用は可能です。




Q 一度作成したQRコードは何度でも使えますか?


作成したQRコードは発行した当日の24時に効果が切れる仕組みにしています。QRコードが万が一外部に流出した場合、不正な労務記録にならないように対策しています




Q 夜間工事の場合、入退場記録はどのように表示されますか?


入場した日から、翌日の24時までは、入場した日付の記録として履歴が残るような仕組みとなっています。 例)夜間工事 入場時間22:00 退場時間32:00(前日発行した退場QRコードにて、48:00まで記録が可能です。)




Q 1日に何度も入退場することは可能ですか?


可能です。イベントや展示会の現場において、同じ職人さんが、何度も現場を行ったり来たりすることを考慮して、何度も入退場が可能な仕様にしています。(その際は入退場操作を忘れることがないように現場運用をしていただく必要があります。




Q 解約した場合、料金は発生しますか?


いいえ。無料で解約することができます。ただしその場合理由をお聞かせ願う場合がございます。




Q 「SHO-CASE」の今後はどのように発展していく予定ですか?


蓄積した入退場データベースを利用して、作業員の就労履歴の可視化や、人材スキルの可視化、これまでブラックボックスだった現場での作業の記録を視える化することによって、様々なサービス展開を検討しています。 ​現場の声に寄り添ったサービスの構築に全力を注いでいきたいと思います。





よくある質問

 

- NEWS -

 

RECRUTMENT INFO

​共に働ける仲間を募集しています

 

お気軽にお問い合わせください