SHO-CASEのMission

「 建設の世界に破壊的変革を起こす 」​

SHO-CASEのVision

「  健全で安全な社会へ  」

Value1

現場ファースト

Site First

まずは現場に行ってみよう。目で見て、肌で感じて、多くの発見を見つけることができるのは現場しかない。

Value2

みんなでものづくり

Make with everyone

ものづくりは1人ではできない。多くのビジネスはチームがお互いを尊重することで、最大限の成果を発揮する。

Value3

楽しい方を選ぼう

Choose fun one

ビジネスに正解はない。迷って立ち止まるくらいなら、自分が楽しいと思った方を選んで前に進もう。

profile.jpg

代表取締役  CEO

髙村 勇介  Komura Yusuke

1992年生まれ。2013年に徳山工業高等専門学校土木建築工学科を卒業し、株式会社乃村工藝社に入社。

制作管理職としてホテルや結婚式場のような大型施設の内装改修工事から、東京モーターショーなどの展示会のブース施工現場を経験し、幅広い分野の現場を担当する。

2019年3月~10月にエンジニア起業家養成学校「G’sアカデミー」へ入学し、週末にプログラミングを学ぶ。 2020年10月に株式会社SHO-CASEを設立。

 

由来:「SHO-CASE」はQRスキャンによって現場の職人さんの“匠”の技術情報を蓄積する箱(ケース)という意味があります。 匠(しょう=SHO)+箱(ケース=CASE)でSHO-CASEという名前になりました。

事業内容

施工現場の入退場管理システム「SHO-CASE」を開発し、運用・販売。

 

現場に掲示したQRコードを、職人さんのスマートフォンでスキャンすることで、簡単にいつ、だれが、どの現場にいたのかが簡単に分かるサービスです。

 

2020年10月にリリースをし、2021年に開催された大型のイベント設営現場などでのご利用実績があります。

images01.png

現場利用実績
2500人強

会社概要

会社名

代表取締役

設立日

資本金

事業内容

住所

株式会社SHO-CASE

髙村勇介

2020年10月1日

200万

インターネットサービスの企画・開発・運営

神奈川県横浜市保土ヶ谷区仏向西3-8-103